yam

和金特製 自然薯鍋

究極の鍋を追求したいと調べていくと、岡山の自然薯と優れた食材のベストな食べ方に辿り着くことが出来ました。
全国的にも知られる岡山の自然薯をすりおろし、アツアツに仕上がったお鍋に流し込み、自然薯とろろを絡めて召し上がって頂けるようにご用意致しました。
岡山の豚肩ロースや大山鶏、合鴨などのお肉と生麩、黄ニラ、ゴボウ、うす揚げ、せり、白菜などのお野菜をふんだんに使用した岡山の新名物です。

自然薯鍋コース 自然薯鍋

単品・コースともに当日のお昼までのご予約で承ります。
※自然薯がなくなり次第終了致します。

その他にも、様々なメニューがございます。 
詳しくはこちら >

トピックス
  • 2019/03/20
    生で食べれる山菜!
    みなさんこんにちは、ホールスタッフのしいなです!さらに春が近づいてきた!ということで、前回のふきのとうに続いて最近お料理に登場している山菜の紹介です♬みなさんこちらの山菜はご存知でしょうか?山形など、東北地方を中心に出荷されている「うるい菜」という山菜です!アクが少なく、クセもないのでサラダのような感覚で生で食べていただけるんです!当店ではお造りや蕗味噌に添えてお出ししています☺️程よい苦さと、シャキシャキの食感の楽しい山菜です♬前回ご紹介したふきのとう同様、抗酸化作用もありさらに山菜の中ではビタミンCが豊富な食材だそうです!このほかにも芽キャベツ、菜の花、つぼみ菜など春のお野菜の美味しい時期になりました😋ぜひ和金のお料理でお楽しみください!お料理で「この野菜はなんだ…?」と思うものがありましたらお気軽にスタッフにお尋ね下さいね🌸しいな086-232-6577
  • 2019/03/18
    3/21(木.祝)の営業について
    21日は市場がお休みの為、明日19日までのご予約での営業とさせて頂きます。宜しくお願い致します。
  • 2019/03/11
    春到来!
    みなさんこんにちは、ホールスタッフのしいなです!少しずつ暖かくなってきましたね♬梅の花も咲き始め、春がきたなあと感じております!今回は春ならではの食材の紹介です天ぷらのメニューにも登場しています、「ふきのとう」です!ふきのとうは独特な苦味をもつ山菜ですがこの苦味の正体はフキノール酸、ケンフェロール、植物アルカロイドといった栄養成分でポリフェノールの一種であり、デトックス効果や抗アレルギー作用があるそうです!「苦味のある山菜は老廃物を排出する効果がある」と言われているそうですが、ふきのとうの苦味にこのような成分が含まれているからだったんですね〜。時期の限られる山菜ですので、ご来店の際はぜひお召し上がりください♬わたしのオススメは天ぷらです!ご飯もので蕗味噌もご用意しております😊春の訪れを教えてくれる、ふきのとうのお話でした♬しいな086-232-6577
  • 2019/02/26
    信田煮?
    みなさんこんにちは、ホールスタッフのしいなです!前回に引き続き、わたしが働き始めてから知った和食用語についてです。こちらもお客さんからよく質問をいただくのが、「信田」がついたお料理です和金でも「青首大根の信田煮」としてメニューに記載しています。「信田」とは実は油揚げのことをさします!狐の好物が油揚げという言い伝えと葛の葉ぎつねの伝説で有名な「信太の森(現在の大阪府)」からきています。おなじみのいなりずしは「信田すし」、きつねうどんも「信田うどん」と呼べるそうです!信田=油揚げと知らないと、まるで別の食べ物のようですね笑またまた今回も和食の用語についてでした!メニューでわからない料理名がありましたらお気軽にお尋ねください!しいな086-232-6577
  • 2019/02/20
    松前とは?
    みなさんこんにちは、ホールスタッフのしいなです今回は、わたしが和金で働いて知った料理の名前についてです!和金のメニューにもありますが、「松前焼き」お客さんによく質問をいただく名前でもあります。「松前漬」の名前は馴染みがありますが、どうして松前なのかわからず使っていました…!松前とは松前藩のことで、松前藩が北海道を領していたことから北海道を意味しておりさらに北海道の名産である昆布を意味する言葉になったそうです松前とは昆布のこと、昆布を使った料理に使われます松前焼きは昆布に具材を乗せて旨味をうつす調理法、松前漬は昆布とスルメイカ等を漬け込んだもののことになります他にも、松前すしや松前蒸しなど、たくさんの調理法があるそうです!和金では旬の牡蠣を旨味の強い昆布に乗せて焼き上げております牡蠣の季節が終わるまでにぜひ一度お召し上がりください✨今回は和食の調理法についてでした♬しいな086-232-6577
pagetop